今日も快晴!

2010.11.07(土)
ついにこの日が来てしまいました。。。
今期は、予定営業終了日に出航させていただくことができました。

しかも、予報に反して今日もとっても良いお天気に恵まれました。
1107_01.jpg
南寄りの風はやや吹いているものの、海況は昨日よりも穏やか!
なのに、透明度が、、、

天 候:快晴
気 温:20℃
水 温:19℃
海の色:白っぽくて緑。。。
[広告] VPS


今日は「小島東」へ行ってみました。
透明度は昨日よりもさらに濁っていて、かなり暗め、、、
1107_02.jpg
魚もいるのでしょうが、、、流れもほとんどなく、魚もまばら、、、、
1107_03.jpg
目の届く範囲しか見えません。。。見どころも少なく、申し訳ないダイビングとなってしまいました。。。

しかし良いお天気です。
1107_04.jpg
昼頃には風も止み、今日は暑いほどのポカポカ陽気となりました。

今期最後は、、、水中は暗くても、魚影だけは裏切らない「ナガシタグリ」へ!
1107_05_20101107180241.jpg
やっぱり、白くて緑な水中、、、、
1107_06.jpg
いつものように,スズメダイだらけの水中は健在ですが、、、なんせ暗い。。。
今期最高の(minという意味で、、、)透明度となってしまいました。
10月末から今回行けるようになるまでの約2週間にシケ過ぎたことが影響したのでしょう。。。
最後までキレイな海で終われた年もあれば、予定日を前に終了してしまった年、、、そして今年。。。
自然はいろいろですね。

1107_07.jpg

ひとまず2010年の冠島ダイビングを締めくくるとします。。。が、、、
冬期業務が始まるまでの間、もしかすると、イベントの無い日で、海が良ければ、海の様子を見に行くかもしれません。
興味のある方はご一報くださいませ。

やっと、やっと出航!!!

2010.11.06(土)
ようやく、長いシケから解放されました?
台風や、台風並みのシケが続き、水中はどうなっているのか???と心配していましたが、、、、
やはり?というか??水中はすっかり様変わり?

さて、出航当初は霧が濃く、海上も湯気がたっているようでしたが、、これも秋の風物詩?
1106_01.jpg
舞鶴湾を出ると、、、快晴の青空!
1106_02.jpg
ややうねりはあるものの、快適な航行でした。

天 候:快晴
気 温:18℃(気温の割にはポカポカ陽気でした)
水 温:19℃。。。
海の色:やや緑。。。

[広告] VPS


少しですが、南寄りの風もあったので、「ナガシタグリ」へ!
ビックリです。。。さすがに大きく長くシケた後だけあって、水中は緑に、、、
1106_04.jpg
流れはほとんどなく、群れもややバラつき気味ではありましたが、相変わらずのスズメダイの群れでした。
1107_05.jpg
ついつい目が岩肌へ。。。
1106_03.jpg

しかし、良いお天気です。この時期は空気がキレイなので、陸の景観も最高です。
1106_06.jpg
気温の割には、日差しが強く、Tシャツで過ごせるほどでした。

のんびりお昼の後は、午後になってうねりも風も治まったので、「トドグリ」へ行けました。
1106_08.jpg
1本目よりは、視界も少しクリアー!?
流れが速く、魚も自分たちもがんばって泳ぎます!
1106_07.jpg
今日は、常連ベテランだったので、いつもより遠征!
1106_09.jpg

そして、この時期までお越しいただき、更にがんばって泳いだので?
冠島からご褒美!!!



1106_10.jpg
小隊でしたが、ゆっくりと直ぐ近くまで来てくれました!


とってものんびりとした1日でした。
1106_11.jpg
本年も残すところあとわずかとなってしまいましたが、魚影は満載!、回遊魚系も期待できる秋はいいですね。

今週も日曜出航!

2010.10.24(日)
天気も不安定なら、予報も不安定?
前日では悪化していく波浪予報だったため、朝の状況次第!
・・・というはっきりしないご連絡だったにも関わらず、本日をお越しいただきました、みなさまありがとうございました。
一夜明けると、雨模様ではありましたが、波は減少傾向に変わっていたため、今日は出航させていただきました。
1024_01.jpg
厚い雲に覆われた朝でしたが、小刻みなうねりはあるものの、心配された風もさほど吹かず、航行は問題なし!

天 候:くもり後雨
気 温:19℃
水 温:23℃
海の色:白っぽいやや水色?

[広告] VPS

朝のうちは、まだ南寄りの風が少しあったので、若干陰になる、久々の「ナガシタグリ」です。
前回行けたときにはキレイになっていたのに、、、また白っぽくなっていました。。。

少し流れもあったので、名物のスズメダイもまとまりが良いです。
1024_02.jpg

膨大なスズメダイの群れの中に、夏はいなくなっていた、50cm~1mもある大型のマダイが戻っていました。
1024_03.jpg
しかも、たくさん!!
スズメダイの群れの中を悠々と泳いでいました。
1024_04.jpg
そして、お化けマダイ!? おそらく7月にいたのと同じヤツ
1024_05.jpg
さらにサービスよくなっていました。近くまでいっても逃げません。

目線を下げても、
1024_06.jpg1024_07.jpg
おなじみ?頭にコケのない、未記載種コケギンポ(左)
今年はやって来ました!キンギョハナダイ!!(右)

お昼休憩中には、ついに雨、、、
早々に次の準備をし、今度はアジを見に?「宮前」へ

基本的には辺り一面アジだらけなのですが、砂地ポイントでもあるので、先日のシケで砂が舞い上がってしまったようで、、、さらに流れもほとんど無いくらいだったので、、、
近くにいる群れしか見えません。。。
1024_08.jpg
遠目でしたが、ハマチやカンパチも果敢にアタックしていました。

1024_09.jpg1024_10.jpg
季節回遊魚ではありませんが、あまり見かけることのない「ホウボウ」(左)
カサゴをクリーニングする「ホンソメワケベラ」(右)

エキジットするころには、雨は本降りに、、、
1024_11.jpg
振り返れば、今期初めての雨ダイブになったような???

明日は前線通過。その後、寒気を伴った大陸性高気圧が南下してくるため、強い冬型の気圧配置となり、
北風が強く、海は大シケとなる模様です。。。
またしても、しばらくは中止となりそうです。。。次回出航できる日まで、どうかお楽しみに!
それまでにも、ネタ?があればUPいたします。

秋の冠島を満喫!

2010.10.20(水)
昨日のうねり、深夜の強風に、今日はどうなっているか、内心ドキドキの朝を迎えましたが、、、
予報通り!雲は多いものの、風は弱く滑らかな海面!この時期にすれば、ベタ凪と言っても良い好条件に恵まれました。
1020_01.jpg

そして、透明度はさらに回復していました。

天 候:くもり
気 温:22℃
水 温:23~24℃
海の色:クリアー!!

今日の動画は、見どころもあって、、、ちょい長めの3分12秒でお届けします。
[広告] VPS


少し緩いうねりはありましたが、小島の陰になってくれるので、1週間ぶりの「トドグリ」です。
1020_02.jpg
海は、またさらにキレイになっていました!

今日のトドグリ、、、少し魚は少なめ???と思いきや???
1020_03.jpg
イサキが大群で水面付近から降り注いできました。

そして、このイサキを見ながら待つこと数分!!!



久しブリ~~~
1020_04.jpg
久々にみるハマチの群れの中には、ツムブリが混ざっていました。
1年ブリです。。。
シャープな体にブルーのラインがキレイでした。

水中はクリアーに見えているので、これまた久々に見る、トドグリの絶景が見渡せました。
1020_05.jpg

くもり空で、気温も余り上がりませんでしたが、風が弱いので、お昼休みものんびりできます。
さすがに泳ぐ方はいらっしゃいませんが、、、

2本目は、「アジ壁」のリクエスト???で、
ベタ凪ではありましたが、あえて???おそらく魚影は冠島一の「宮前」へ
(それが、、、功を奏した??)

こちらも、クリアーに見えていました。
1020_06.jpg
もちろんアジやスズメダイは、今日も視界いっぱいに!透明度が良いので、さらに広範囲に四方八方魚だらけです。
1020_09.jpg
1020_10.jpg


今日はそれに加え、
「其の壱」イサキ
1020_08.jpg
ツバスかと見間違えるよど、大きく丸まるとしたイサキでした。
1020_07.jpg

アジやスズメダイが大きく動揺した先から、、、、
「其の弐」70cmクラスのカンパチが、50匹ほど、、、
「其の参」1mオーバーのヒラマサが、3本(?)
そして、カンパチの群れの中には、南方系の「ヒレナガカンパチ」まで、、、
1020_11.jpg
10分以上、皆さんの目の前で、小魚を追い回したり、捕食したり、うろうろ物色??してくれました。
興奮して、エアーの「吸い過ぎ注意」のひとときでした。

魚影&回遊魚の秋を満喫できた1日でした。

うねりは軽減し、透明度も回復もせっかく回復してきたのに、、、
明日からは、北寄りの風が強まり、またしても波が高くなる模様です。。。
残念ですが、再開まで少しの間、お待ちくださいませ。

水中はにぎやか!

2010.10.19(火)
最近は周期的に出航できるようになり、今日も行って来ました。
昨日の予報では、風は弱く、朝には波も下がってくるということでしたが、、、
1019_01.jpg
朝になっても、下がってはおらず、画像では分かりにくいですが、
巡航速度で走れるものの、2mを越す大きなうねりと南寄りの風も少しあり、決しておだやかではない海況でした。。。

天 候:晴れ時々くもり
気 温:24℃
水 温:23~24℃
海の色:少しクリアーになってきました。

[広告] VPS

・・・というわけで、すこしうねりも入っていて、船は静止してくれませんが、まずは「宮前」へ。

さすがに、もう10月も後半!、太陽の位置も低くなり、いくら水中がキレイになっていても、
太陽方向を見る「逆光」と太陽を背にして見る「順光」では見え方が違います。

分からないくらいゆっくり流れている潮の下流側は、前回程度の透明度でしたが、
今日は前回よりも少しキレイになっていました。
太陽を背にして見ると、海が少し青く見えるようになってきました。
1019_02.jpg
そして、水中は「アジ祭り?」見渡す限り一面、アジの壁です。
1019_03.jpg
大物は姿を見せてくれませんでしたが、何かに追われるように、一斉にアジの壁が迫ってきます。
1019_04.jpg
今日のスズメダイは、アジに圧倒されたのか???
水面付近に追いやられていました。。。
1019_05.jpg

潜っている最中は、日差しもあったのですが、
予報通り?お昼には、雲が張り出してきましたが、また潜るころには青空が見えてきました。
・・・が、午後になって風はほとんど止んでいましたが、島から少し離れると、うねりは更に高くなっていて、、、

結局、Uターン。。。『鳥居前」へいきました。

海は少しキレイになっていました!
浅瀬には、かつてこんなに多かった??と思えるくらい、1cmにも充たないスズメダイの幼魚がすごい数で群れを作っていました。
1019_06.jpg
少しクリアーに見えるので、壁のように群れる膨大なアジが、広範囲に見渡せます。
1019_08.jpg
群れに、ハマチが単体で、隠れていました。

秋は、幼魚の季節でもあります?
1019_09.jpg
南国のスカシやキンメのように、同じ仲間のネンブツダイも、
1019_10.jpg
幼魚の内は体が透き通っているので、密集していると、とっても見応えあります。

そして、画像は失敗してしましたが、
イスズミ、イトフエフキ、イトマンクロユリハゼなどなど、各種季節回遊魚もいっぱいです。

下の画像は、ウスメバルの幼魚です。
1019_11.jpg

徐々に透明度は回復の兆しありです!
水中はとってもにぎやかとなっています。
明日も出航できますが、木曜日~金曜日は今のところは微妙ですが、今週は海況安定の予感???

今期も残すところあと20日間ほどとなってきました。
あと何日いけるか???最後までどうぞよろしくお願いいたします。